ミャンマーの一般的な投資規制の枠組み


ミャンマーは世界貿易機関(World Trade Organization)の加盟国であり、主な貿易相手国は中国、インド、日本、ドイツ、香港です。ミャンマーの業種を一般的に工業(製造業)、サービス業・建設業、貿易業というふうに分類できます。

ミャンマーの貿易分野


100%外資及び合弁会社はミャンマー商業省貿易局から発行する輸出入ライセンスを取得できます。現状の規制では肥料、種子、殺虫剤、病院用器具、建設機材の輸入が許可されています。

必要と方法


Requirements and Procedures

1. 貿易規制の調査: 商品ごとの貿易の可否ならびに貿易方法についての調査を主に行います。ご要望があれば、競合他社の貿易ルートの調査も行います。

2. 現地の消費者調査: アンケート調査・インタビューなどを通して調査を行います。商品およびサービスに応じて職業別、年齢別、性別などさまざまなセグメントに分解して検証を行います。サンプルの商品をいただければ、その商品を利用した調査を行います。

3. 現地でのテスト販売: テスト販売を行いたい商品情報をお送りいただければ、当社の販売サポートチームがテスト販売方法の提案後、お客様の承認を得れば実行いたします。テスト販売に必要となる商品の貿易についても当社でサポートいたします。

4. 現地への商品輸出: 日本の各港よりミャンマーへ至るまでの商品の輸出アレンジと、日本の空港よりヤンゴン空港へ至るまでの商品の輸出をアレンジいたします。

5. 現地での輸送アレンジ: ミャンマーへ商品到着後に、輸送するお店や倉庫等の施設への輸送をアレンジいたします。

6. 現地での販売サポート: 現地での商品販売を行う際のプロモーション提案とその実行をいたします。ミャンマー人の視点でミャンマー人のための新たなプロモーションをご提案いたします。

よくある問題


1)書類の準備: ミャンマーでは正確な情報を収集するのは難しく、直接訪問せずに関係行政機関から情報を取得するのはなかなか困難なので、輸出入の必要書類作成でミスをして税関で止められるケースが多いです。品目により書類の内容は違いますので、スムーズに手続きが完了できるためには時間もかかる上に、経験も必要です。

2)荷受人・荷送人に関する問題: 輸出入ライセンスを持っていない荷受人に荷送人が商品を送ってしまい、返送もされず、税関で止められるという問題もよくあります。

3)ペナルティー: 海上輸送ではターミナル・ハンドリング・チャージは7日間無料で、ミャンマー税関の規定によると輸入者は到着日から160日以内に貨物を引き取らないといけません。もし、規定期間内に引き取れなかった場合、没収又は廃棄されることになります。
また、航空運送ではターミナル・ハンドリング・チャージは3日間無料です。DHL等の輸送業者を利用して商品を輸入する場合、到着日から60日後には貨物がDHLからミャンマー税関に引き渡されます。輸入者は規定期間内に貨物の引き取り手続きを完了できなかった場合、罰金の徴収又は貨物の廃棄といったペナルティーが課されます。

4)予期せぬ問題: 通常500USD以下の取引規定商品は輸入ライセンスや輸入許可なしでサンプル製品として輸入することができます。しかし、規定金額を超えた商品をサンプル製品として輸入し、予期しなかったライセンスや許認可の申請が必要で問題になるケースも多いです。その場合、輸入者は輸入ライセンスや輸入許可を早急に申請しないといけなくなり、上記の1、2、3番のような問題が発生するのです。

我々はどのようにサポートするのか?


弊社は貿易関連業務の経験が豊富な企業と提携しており、これまで数多くの案件を柔軟に対応致し、多くのお客様に満足していただいております。“時間は金なり”という諺のように貿易分野では時間は非常に貴重なものなので、手続きややり方を良く理解している経験豊富な弊社のスタッフが短期間・低リスクで貴社の貿易業務をサポート致します。

お問い合わせはこちら